爬虫綱

アルダブラゾウガメ

今回注目するのは、体重200kgを超える大型のリクガメ、アルダブラゾウガメです!
アルダブラ諸島の固有種で、太い脚と首の皮膚がゾウに似ていることからこの名がつきました。
そんなアルダブラゾウガメの生態を見ていきましょー

↑口を大きく開けるアルダブラゾウガメ。なかなかの迫力!(東山動植物園にて撮影)

生態・形態

・アフリカ大陸に東側に浮かぶアルダブラ諸島にのみ生息する、とても大きなリクガメの一種。成体の甲羅の大きさは100cmを超え、体重は200kgを超える個体もいる。
・海岸沿いの草原や内陸部の低木林、湿原、砂漠などで暮らしている。
・ゾウガメという名前は、太い脚と、首の皮膚がゾウに似ていることに由来する。
・南米西側に浮かぶガラパゴス諸島に生息するガラパゴスゾウガメと外観が似ているが、別種である。
・薄明薄暮性で暑い日中は日陰で涼をとったり、水浴びをしたりする。

食性

・草や樹の葉、サボテン、果実などを食べる。
・水を飲むときは鼻の孔から吸引する。鼻先はとがっており、岩の窪みなどの狭いところにある水も飲めるようになっている。

繁殖

・1度に10個前後の卵を、数年の間に数回出産する。
・卵は3,4ヶ月で孵化する。

その他

・ヒトによる捕獲や環境破壊により生息数が減少し、現在絶滅危惧種である。
・野生化での死亡要因は、主に熱中症である。
・寿命:野生化、飼育下共に約150年。正式な記録上では180年生きた例が確認されている。
学名Aldabrachelys gigantea
英名:Aldabra Giant Tortoise
・生息地:アルダブラ諸島
絶滅の度合い:危急

参考

アルダブラゾウガメ. 夢見ヶ崎動物公園. http://www.misatosys.com/YUME/RYUME/aldabraz.html, (2020/12/31)
・アルダブラゾウガメ. 東山動植物園. http://www.higashiyama.city.nagoya.jp/04_zoo/friend/2018/02/post-54.html, (2020/12/31)
・アルダブラゾウガメ. 札幌市円山動物園. https://www.city.sapporo.jp/zoo/b_f/b_24/db2401.html, (2020/12/31)

ブログランキングに参加しております、下のボタンを押して頂けると励みになります!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です