哺乳綱

アムールトラ(シベリアトラ)

今回注目するのは、ネコ科の中で最大の亜種であるアムールトラです!
クマを食べることもあるとのこと…ゴクリ
そんなアムールトラの生態を見ていきましょー。

↑歩くアムールトラ。凛々しいなー(浜松市動物園にて撮影)

生態・形態

・獲物が豊富な地域の雄個体では、体長2.5m体重300㎏に達することもある。
・寒冷な地域を生息地としていることから、その体毛は他のトラよりも深く長い。
・アムールトラ1頭当たり、1000平方kmの森林が必要といわれる(東京都の半分の面積)。え、めっちゃ広い…
・昼夜行性だが、狩りは夜に行うことが多い。
・夏場は水辺を好み、体温管理や寄生虫排除のために泳ぎや水浴びを行う。

↑泳ぐアムールトラ、目が合っちゃった…。泳いでるところを見たい方は、夏に動物園にいきましょう!(浜松市動物園にて撮影)

食性

・シカ類、鳥類、イノシシ、クマ類などを捕食するが、クマには逆に殺されることもある。トラVSクマ、見てみたい…
・狩りは待ち伏せ型で、物陰で身を潜め、獲物が間合いに入ったところで襲い掛かる。

↑竹藪から出てくるアムールトラ。竹藪で待ち伏せしたりもするんでしょうね~縞模様が保護色だ…(浜松市動物園にて撮影)

・狩りの成功率は20%以下だといわれる。
・4肢には鋭い爪があり、出し入れが可能。
・足の裏には肉球があり、足音を立てずに獲物に忍び寄ることができる。「にくきゅう」の響きはかわいいのに目的が怖い…

繁殖

・繁殖期は冬で、妊娠後3か月ほどで2,3頭の子供が生まれる。
・多くの場合、子育ては雌だけが行い、雄はつかず離れずで雌と子供を守る。
・子供の独立には約2年かかる

その他

・自然破壊や密猟(トラの骨は高級酒の原料として高値で取引される)いより、一時は絶滅寸前状態だったが、現在は保護活動により持ち直した。とはいえ、絶滅危惧IB類(絶滅の4歩手前)である。
・寿命:野生では10~20年ほど、飼育下では20~25年ほど。
学名Panthera tigris altaica
英名:Siberian Tiger
・生息地:ロシア、中国
絶滅の度合い:危機
・その生息地から、シベリアトラとも呼ばれる。

参考

・小菅正夫. 驚くべき野生動物生態図鑑 WILDLIFE OF THE WORLD. 黒輪篤嗣訳. 日本書院,  2017, 400p
・アムールトラ. ウィキペディア. https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9, (2020/6/27)・アムールトラ. ZOOCAN. http://www.zoocan.jp/zukan/index.cgi?76, (2020/6/27).

ブログランキングに参加しております、下のボタンを押して頂けると励みになります!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です