哺乳綱

アンゴラコロブス

今回注目するのは、アフリカのアンゴラに生息するオナガザル、アンゴラコロブスです!
白と黒の毛を持ち、そのコントラストが美しいオナガザルです!
そんなアンゴラコロブスの生態を見ていきましょー

↑佇むアンゴラコロブス(日本モンキーセンターにて撮影)

生態・形態

・全体的に黒い毛におおわれているが、顔の周り、背中、尾の先には白い毛が生えている。
・外観(特に毛色)はアビシニアコロブスと似ているが、頭頂部の形状や顔回りの白い毛の生え方に違いがある。
・樹上性のため、1日のほとんどを樹の上で過ごす。
・胃が3つに分かれており、葉っぱから栄養を摂取することができる(リーフイーターと呼ばれる)。

食性

・木の葉や果実などを採食する。

繁殖

・情報収集中

その他

・寿命:情報収集中
英名:Angola Colobus
・生息地:中央アフリカ
絶滅の度合い:危急

参考

・オナガザル科コロブス亜科Colobus属. 日本モンキーセンター. https://www.j-monkey.jp/encyclopedia/Cercopithecidae/Colobus/Colobus.html, (2020/12/7)

ブログランキングに参加しております、下のボタンを押して頂けると励みになります!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です