哺乳綱

クロキツネザル

今回注目するのは、雌雄で色が大きく異なるキツネザル、クロキツネザルです!
名前のように黒いのは雄だけで、雌は全体的に茶色です。
そんなクロキツネザルの生態を見ていきましょー

↑雄のクロキツネザル。その名の通り、目以外は真っ黒ですね~(長崎バイオパークにて撮影)

生態・形態

・マダガスカルの固有種
・低地や山地の熱帯湿潤林にて、約10頭の群れで生活している。
・雌の方が雄より優位で、餌は雌の方が優先的に食べることができる。群れのリーダーも雌が担う。
・雌雄で色が大きく異なり、名前のように全身が真っ黒なのは雄だけで、雌は全体的に茶色である。
・樹上性で、昼夜問わず活動する。

↑餌の入ったカプセルを見るや否や集まってきたクロキツネザルの雌たち。雄とは全然色が違います!長崎バイオパークでは直接餌をあげることができますよ!(長崎バイオパークにて撮影)

食性

・雑食性だが、主に果実を食べる。また、樹の葉や種子、花、昆虫類なども食べる。
・花を食べる際に、植物の受粉を助けていることでも知られる。

繁殖

・情報収集中

その他

・寿命:飼育下で約25年以下
学名Eulemur macaco
英名:Black Lemur
・生息地:マダガスカル
絶滅の度合い:危機

参考

・澤井聖一. 世界で一番美しいサルの図鑑. 初版. 株式会社エクスナレッジ, 223p
・クロキツネザル. 夢見ヶ崎動物公園. http://www.misatosys.com/YUME/RYUME/kurokits.html, (2020/12/30)
・クロキツネザル. 到津の森公園. https://www.itozu-zoo.jp/friends/entry/20.php, (2020/12/30)

ブログランキングに参加しております、下のボタンを押して頂けると励みになります!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です