哺乳綱

チンパンジー

今回注目するのは、人とのDNA一致率98.5%のチンパンジーです!
ほぼ一緒やん…でも見た目や生態は全然違うのはなぜ…DNA勉強してみよ…
さて、そんなチンパンジーの生態を見ていきましょー。

↑佇むチンパンジー。見覚えのあるポーズ…(日本モンキーセンターにて撮影)

生態・形態

・数多くの人との共通点がある(脳が大きい、直立二足歩行、道具を使う、人と同じ病気にかかる、高齢になると頭がはげる、関節炎になる、など)
・捕食者としてはヒョウが知られ、ライオンやワニに捕食されることもある。
・日中は森の中で食べ物を探し、夜は樹の上の寝床で寝る。寝床は毎日作り直す。なんでだろう…よくおねしょをするのかな?ヒョウに居場所を知られて襲われるからかな?(ヒョウは木登りが得意)
・35頭ほどの群れで暮らす。
・群れ間の関係は敵対的で、血縁関係の雄が協力して他の群れを襲い、殺し合いになることもある。
・テレビでよく見る歯を見せる表情は、笑っているのではなく怖がっているときの表情である。真逆だったのね…

↑恐らく怖がっているチンパンジー。笑っているときはどういう表情になるんだろうか…(日本モンキーセンターにて撮影)

食性

・200種類もの植物に加え、イノシシ類、サル、リス類などの中型以下の哺乳類も食べる。イノシシなんてどうやって捕まえてどうやって食べるんだろう…

↑くしゃみが出そう?なチンパンジー(日本モンキーセンターにて撮影)

繁殖

・雌雄ともに複数の異性と交尾を行う。
・雌は8歳までに性成熟し、14歳ごろに第1子を産む・特徴的な習性として子殺しがあるが、その目的は明確にはなっていない。ライオンの場合は、他の雄の血統を減らすことで自身の遺伝子をより多く残すことが目的とされているが、チンパンジーの場合は前述のように乱婚のため、どの子が自分の血を引いているか明確ではないため、仮設の域を出ない。もしかしたら、チンパンジーには何らかの形で自身の血統を見分ける術があるのだろうか?

↑木に登り花を咥えて遊ぶ子どもチンパンジー。足で枝をがっちり掴んでますね~(日本モンキーセンターにて撮影)

その他

・寿命:飼育下で35~40年程度
学名Pan troglodytes
英名:Chimpanzee, Common Chimpanzee, Robust Chimpanzee
・生息地:アフリカ諸国
絶滅の度合い:危機

参考

・小菅正夫. 驚くべき野生動物生態図鑑 WILDLIFE OF THE WORLD. 黒輪篤嗣訳. 日本書院,  2017, 400p
・チンパンジー. Wikipedia. https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%BC, 2020/6/21

ブログランキングに参加しております、下のボタンを押して頂けると励みになります!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です