哺乳綱

コモンリスザル

今回注目するのは、時には300頭にも及ぶ群れで生活しているオマキザル、コモンリスザルです!
ボリビアリスザルと外観がよく似ていますが、頭部の色の違いで見分けることができます!
そんなコモンリスザルの生態を見ていきましょー

↑佇むコモンリスザル。頭の色が体と同じ茶色ですね~ボリビアリスザルは黒い頭をしています!(長崎バイオパークにて撮影)

生態・形態

・南米北部の熱帯雨林やマングローブ林にて、数十頭~数百頭の大規模な群れで生活している。
ニホンザルと同じく、頻繁に互いに毛繕いをする。
・外観がボリビアリスザルとよく似ているが、頭部の色の違いで見分けることができる(ボリビアリスザルは黒、コモンリスザルは茶色)。
・群れの仲間とのコミュニケーションは主に聴覚と嗅覚をもとに行われる。これは見通しがきかない森林に生息している為と考えられている。点滴を発見した際は「チッチッ」という鳴き声を発し、仲間に知らせる。
・体よりも長い尾は、物を掴むことはできないが、樹上でバランスをとることに役立っている。

↑餌やり中に頭に乗ってきたコモンリスザル。長崎バイオパークでは直接餌をあげることができます!(長崎バイオパークにて撮影)

食性

・主食は昆虫類であるが、他にも果実や花、種子、トカゲなどの小動物なども食べる。

繁殖

・約半年の妊娠期間を経て、1度に1,2頭の子を産む。
・生まれたての子は母の背にしがみつくことで母に運ばれる。独り立ちには約1年を要する。
・子育ては実母とは異なる雌が手伝うことがある。

その他

・1958年に、ヒトよりも先に初めて宇宙に行った霊長目としても知られる。
・寿命:情報収集中
学名Saimiri sciureus
英名:Common Squirrel Monkey
・生息地:南米北部
絶滅の度合い:低懸念

参考

・澤井聖一. 世界で一番美しいサルの図鑑. 初版. 株式会社エクスナレッジ, 223p
・コモンリスザル. BIOPARK長崎バイオパーク. http://www.biopark.co.jp/animals/mammal/squirrelmonkey.html, (2020/12/30)
・コモンリスザル. 大内山動物園. http://www.oouchiyama-zoo.com/animals/10486/, (2020/12/30)

ブログランキングに参加しております、下のボタンを押して頂けると励みになります!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です