哺乳綱

コツメカワウソ

今回注目するのは、最小のカワウソ、コツメカワウソです!
個人的には驚きだったのですが、絶滅危惧種です…
そんなコツメカワウソの生態を見ていきましょー

↑水中から上がったら眩しくて思わず目をつむるコツメカワウソ。カワイイ!(東山動植物園にて撮影)

生態・形態

・カワウソの中では最も小さな種である。
・アジア諸国の沼地、湿地帯、河口付近などにて、10頭前後の群れで暮らしている。
・鋭い犬歯と平たい臼歯を持ち、貝を殻ごと噛み砕き、すりつぶして食べることもできる。見た目に反して結構やるのね…
・四肢には小さな爪がついており、これが名前の由来となっている。
・肢には水かきがついており、水中でも素早く動くことができる。また、泳ぐ際には尾で舵取りを行う。

↑大きく口を開けるコツメカワウソ。確かに犬歯と臼歯が見えます!噛まれると結構痛そう…(東山動植物園にて撮影)

食性

・魚類、甲殻類、貝類、爬虫類、昆虫などを捕食する。

繁殖

・1度に1~6頭の子どもを産む。
・子育ては雌雄両方によって行われるが親以外の兄弟や群れの仲間が手伝うこともある。また、子育ては雄のほうが熱心なことが多い。

↑あくび中のコツメワカウソ。かわいいけど歯はすごい!(神戸市立王子動物園にて撮影)

その他

・寿命:約10年
学名Aonyx cinerea
英名:Asian Short-clawed Otter, Asian Small-clawed Otter, Oriental Short-clawed Otter, Oriental Small-clawed Otter, Small-clawed Otter
・生息地:中央、東南アジア
・環境破壊や乱獲(毛皮やペッとしての需要)によりその数は減少傾向である。
絶滅の度合い:危急

↑まるまって眠るコツメワカウソ。かわいい!(姫路セントラルパークにて撮影)

参考

・コツメカワウソのこどもたち 展示開始. 那須どうぶつ王国. https://www.nasu-oukoku.com/news/2020/06/post-544.html, (2020/8/15)
・コツメカワウソ. 福岡市動物園. https://zoo.city.fukuoka.lg.jp/animals/detail/140, (2020/8/15)

ブログランキングに参加しております、下のボタンを押して頂けると励みになります!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です