哺乳綱

ラマ

今回注目するのは、超高性能な高地行動能力を誇るラマです!
標高5000mを超えるアンデス山脈で、100kgの荷物を運ぶことができるのです!
そんなラマの生態を見ていきましょー

↑ラマの顔のアップ、なかなか可愛らしい顔立ちです!(富士サファリパークにて撮影)

生態・形態

・標高5,000mを超えるアンデス山脈で、約100kgにも及ぶ荷物をもって1日に約30km移動することができる。なんというタフネス!!
・主に荷物を運ぶための家畜として飼育されている。
・血液中ヘモグロビンの酸素結合能力が他の動物よりも優れており、このおかげで空気の薄い高地でも運動能力が高い。
・怒った際は、胃の内容物をもどして吹き付けることがある。ぜっっつたいに怒らせないようにしよう…
反芻動物である。

食性

・草食性

繁殖

・1度に1頭の子を産む。

その他

・日本ではラマと呼ばれたり、リャマと呼ばれたりする。
・野生ではすでに存在していないと考えられている。
・肉は食料として、毛は衣類として、脂肪はローソクとしてヒトに利用されてきた。野生では絶滅している可能性があるとのことなので、取りすぎもその一因なんでしょうね…
・寿命:情報収集中
学名Lama glama
英名:Llama
・生息地:南米西部
絶滅の度合い:情報収集中

参考

・ラマ. 東武動物公園. http://www.tobuzoo.com/zoo/list/details/33/, (2020/9/26)
・ラマ. マザー牧場. http://www.motherfarm.co.jp/animal/breed/detail.php?CN=199461, (2020/9/26)
・ラマ. 平山動物公園. http://www.motherfarm.co.jp/animal/breed/detail.php?CN=199461, (2020/9/26)

ブログランキングに参加しております、下のボタンを押して頂けると励みになります!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です