哺乳綱

マレーグマ

今回注目するのは、なが~い舌を持つクマ、マレーグマです!
その長さ約30cm!あくびの時などに見ることができるので、皆さんも是非注目してみてください!
そんなマレーグマの生態を見ていきましょー

↑あくび中のマレーグマ、舌が長い!!(東山動植物園にて撮影)

生態・形態

クマの中で最小の種。
・湿度の高い森の中に生息し、樹上にいることが多い。
・日中は樹上で休み、涼しい夜間に餌を探す。
・普段は1頭で生活している。
・非常に長い舌を有しており、これは樹の中にいる虫などを捕食する際に役立つ。この舌、なんと30cmもあるんです!本当に長くてユニークなんですよ~、一見の価値ありです!
・四肢の長い爪のおかげで、木登りが得意。
・温暖な地域に生息しているため、熱をため込まないように体毛は短い。
・視覚は弱いが嗅覚が優れており、餌はこの嗅覚を頼りに探すことが多い。また、その能力はヒトの約2100倍と言われている。2100倍!想像できない凄さ…

↑睡眠中のマレーグマ、鋭くて長い爪を持っています!(のんほいパークにて撮影)

食性

・雑食性で、昆虫や小型哺乳類、鳥、果物、植物などを食べる。

繁殖

・1度に1,2頭の子供を産み、子供は生後約3年で独立する。

その他

クマだが、暖かい地域に生息しているため、冬眠しない。
・生息地:東南アジア・寿命:飼育下では25年生きた例がある。
絶滅の度合い:危急

↑座るマレーグマ、佇まいがちょっとおっさんっぽい…?(東山動植物園にて撮影)

参考

・マレーグマ. ZOOCAN. http://www.zoocan.jp/zukan/index.cgi?345, (2020/9/26)
・マレーグマ. 札幌市円山動物園. https://www.city.sapporo.jp/zoo/b_f/b_18/db084.html, (2020/9/26)

ブログランキングに参加しております、下のボタンを押して頂けると励みになります!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です