哺乳綱

タイワンザル

今回注目するのは、台湾にのみ生息するオナガザル、タイワンザルです!
ニホンザルとよく似た外観ですが、尾で見分けることができます!
そんなタイワンザルの生態を見ていきましょー

↑佇むタイワンザル。顔立ちも何となーくニホンザルとは違う気がします。(日本モンキーセンターにて撮影)

生態・形態

・台湾の固有種で、台湾の樹林に生息している。
・数十頭の群れで生活しており、単雄群となることもあれば複雄群になることもある。
・昼行性で、樹上と地上の両方で活動する。
・大きさや外観的特徴がニホンザルと似通っているが、尾で見分けることができる(ニホンザルの尾は短いが、タイワンザルの尾は長くて太い)。

食性

・雑食性で果実や植物、昆虫類などを食べる。

繁殖

・12月前後に交尾を行い、5月頃に1頭の子供を出産する。

その他

特定外来生物に指定されており、和歌山県でのタイワンザル根絶報告は記憶に新しい。
・寿命:情報収集中
英名:Taiwan Macaque, Formosan Rock Macaque
・生息地:台湾
絶滅の度合い:低懸念

参考

・タイワンザル. 国立研究開発法人国立環境研究所侵入生物データベース. https://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/10030.html, (2020/12/25)
・タイワンザル. 愛媛県立とべ動物園. https://www.tobezoo.com/animals/library/article/000576.html(2020/12/25)

ブログランキングに参加しております、下のボタンを押して頂けると励みになります!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です