哺乳綱

ワオキツネザル

今回注目するのは、体長の5倍以上もジャンプできるワオキツネザルです!
身長の5倍となると私の場合約9m…やべぇ。
そんなワオキツネザルの生態を見ていきましょー。

↑尻尾を立てたワオキツネザル。確かに「輪」の「尾」です(日本モンキーセンターにて撮影)

生態・形態

・マダカスカルの固有種
・3m以上もジャンプできることができる。
・尾には黒と白の輪っか模様があり、これが名前の由来となっている(輪尾キツネザル)
・主に茂みや乾燥林に生息し、数党の雄と雌からなる群れで暮らしている。
・雌は雄よりも強く、群れは雌によって統率される。
・群れで移動する際は、互いにはぐれないように尾をぴんと立てて行動する。
・五感の中では視覚が優れており、次いで嗅覚も優れている。・朝に日光浴を行う。

↑日光浴中のワオキツネザル。眠いのか悟りを開いたのか…ちなみに手首にあるのは臭腺です(後述)(神戸どうぶつ王国にて撮影)

食性

・植物、果実、昆虫、樹皮などを食べる

↑餌の果実を食べた後、指を舐めるワオキツネザル。よっぽど美味しかったんだろうな…(日本モンキーセンターにて撮影)
↑餌の果実を食べた後、指を舐めるワオキツネザル その②。
いい表情!!(日本モンキーセンターにて撮影)

繁殖

・交尾は4月~6月にかけて行われ、雌が相手の雄を選ぶ。
・繁殖期になると、雄は性器と手首にある臭腺に尾をこすりつけ、相手に向けて尾を振り合うという習性がある。
・一度に1,2頭の子供が産まれ、雌が共同で子育てを行う。

↑黄昏るワオキツネザル。まつ毛が長い!(日本モンキーセンターにて撮影)

その他

・天敵は大型の猛禽類と、フォッサというマダガスカルにのみ生息する肉食動物だ。
・野生出の寿命は約16~19歳
学名:Lemur catta Linnaeus
英名:Ring-tailed Lemur
・生息地:マダガスカル
絶滅の度合い:危機

参考

・小菅正夫. 驚くべき野生動物生態図鑑 WILDLIFE OF THE WORLD. 黒輪篤嗣訳. 日本書院,  2017, 400p
・ワオキツネザル. 到津の森公園. https://www.itozu-zoo.jp/friends/entry/86.php, (2020/7/4)

ブログランキングに参加しております、下のボタンを押して頂けると励みになります!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です