鳥綱

ヒワコンゴウインコ

今回注目するのは、カラフルで美しい大型のインコ、ヒワコンゴウインコです!コンゴウインコといえば、日本の動物園ではベニコンゴウインコやルリコンゴウインコが良く飼育されていますが、ヒワコンゴウインコはそれらよりも生息数がとても少なく、絶滅危惧種です。
そんなヒワコンゴウインコの生態を見ていきましょー

↑佇むヒワコンゴウインコ。カラフルで美しい!(長崎バイオパークにて撮影)

生態・形態

・中米の熱帯雨林にて、番か小さな群れで暮らしている。
・赤道直下が生息地のため、暑さには強いが、寒さには弱い。
・体の大部分を覆う緑色の毛と、嘴の上にある赤い毛が特徴
・分厚い舌を持っていることで、ろれつがうまく回るため、トレーニング次第ではヒトの言葉を上手に発音することができるようになる。
コンゴウインコの仲間にベニコンゴウインコやルリコンゴウインコがいるが、それらよりも生息数は非常に少なく、絶滅危惧種である。
・外観は同じコンゴウインコの仲間のミドリコンゴウインコと酷似しているが、ヒワコンゴウインコのインコの方が体が少し大きく、また毛の色が濃い。

食性

・木の実や果実を食べる。

繁殖

・1度に3個前後の卵を産み、卵は約1ヶ月で孵化する。

その他

・寿命:情報収集中
学名Ara ambiguus
英名:Buffon’s Macaw, Great Green Macaw
・生息地:中米
絶滅の度合い:危機

参考

・ヒワコンゴウインコ. 野生の王国群馬サファリパーク. https://www.safari.co.jp/animal/386/, (2021/1/6)
・ヒワコンゴウインコ. 京都市動物園. https://www5.city.kyoto.jp/zoo/animals/birds/a_ambigus, (2021/1/6)
・ヒワコンゴウインコ. BIOPARK長崎バイオパーク. http://www.biopark.co.jp/animals/birds/post.html, (2021/1/6)
・ヒワコンゴウインコ. 埼玉県こども動物自然公園. http://www.parks.or.jp/sczoo/guide/000/000359.html, (2021/1/6)

ブログランキングに参加しております、下のボタンを押して頂けると励みになります!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です