鳥綱

エジプトガン

今回注目するのは、目の周りの茶色模様が特徴のカモ、エジプトガンです!
闘争性が強いことで知られており、縄張りに侵入してきた敵に対しては自分より大きい相手でも果敢に向かっていきます。
そんなエジプトガンの生態を見ていきましょー

↑羽を拡げるエジプトガン。顔の模様が歌舞伎っぽくてなかなかの迫力!(長崎バイオパークにて撮影)

生態・形態

・アフリカ中南部の湖沼にて、単独もしくは番で暮らしている。換羽時には50羽くらいの群れになることもある。
・縄張り意識が強く、縄張りを守るために自分よりも体の大きい鳥に立ち向かうこともある。
・目の周りの茶色模様が特徴。
・基本的に番はパートナーを変えることはない。
・雄の方が雌よりも一回り体が大きい。
・草むらの陰や岩棚、樹洞などに巣を作る。他の鳥の古巣を使うこともある。

食性

・主に草や葉、茎、種子を食べるが、昆虫類を食べることもある。

繁殖

・情報収集中

その他

・寿命:情報収集中
学名Alopochen aegyptiacus
英名:Egyptian Goose
・生息地:アフリカ中南部
絶滅の度合い:低懸念

参考

・エジプトガン. BIOPARK長崎バイオパーク. http://www.biopark.co.jp/animals/birds/egyptiangoose.html, (2021/1/1)
・エジプトガン. 札幌市円山動物園. https://www.city.sapporo.jp/zoo/b_f/b_10/sb390.html, (2021/1/1)
・エジプトガン. ハイブリッド・レジャーランド東武動物公園. http://www.tobuzoo.com/zoo/list/details/387/, (2021/1/1)
・エジプトガン. 鹿児島市平川動物公園. https://hirakawazoo.jp/zukan/bunrui/birds/457, (2021/1/1)

ブログランキングに参加しております、下のボタンを押して頂けると励みになります!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です