鳥綱

ハリスホーク(モモアカノスリ)

今回注目するのは、猛禽類の中では珍しく群れで生活する鳥、ハリスホークです!
これは、獲物が少ない地域(半砂漠など)を主な生息地としていることで、効率のよい狩りを求めた結果と考えられています!
そんなハリスホークの生態を見ていきましょー

↑手載せ体験中のハリスホーク、イケメンですね~。掛川花鳥園では不定期ですが手載せ体験ができ、間近で観察することができますよ!(掛川花鳥園にて撮影)

生態・形態

・猛禽類は基本的に群れることがないが、ハリスホークは4頭前後の家族単位で生活をする珍しい鳥である。これは、獲物が少ない地域(半砂漠など)を主な生息地としていることで、効率のよい狩りを求めた結果と考えられている。
・雌のほうが雄よりも大きい。

食性

・小型の鳥類や爬虫類、哺乳類などを捕食する。狩りは4頭前後の群れにて行われる。

繁殖

・タカ科の多くは年に1回しか繁殖しないが、ハリスホークは年に2.3回繁殖を行う。
・雌は複数の雄と繁殖を行う。

その他

・人になつき易く、飼いやすいことで知られており、野鳥との衝突による飛行機事故を防ぐための鳥除けとして飼われたり、街中のハトを追い払うために飼われたりしている。
・太ももの部分が赤っぽい茶色をしていることから、モモアカノスリとも呼ばれる。
・寿命:飼育下で約30年
学名Parabuteo unicinctus
英名:Harris’s Hawk
・生息地:北南米
絶滅の度合い:低懸念

参考

・モモアカノスリ(ハリスホーク). よこはま動物園ズーラシア. http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/zoorasia/animal/savanna/Harrisis_Hawk/, (2020/10/31)
・モモアカノスリ. 大内山動物園. http://www.oouchiyama-zoo.com/animals/6650/, (2020/10/31)
・モモアカノスリ(ハリスホーク). 川崎市. http://www.misatosys.com/YUME/RYUME/momoakan.html, (2020/10/31)

ブログランキングに参加しております、下のボタンを押して頂けると励みになります!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です