鳥綱

コシベニペリカン

今回注目するのは、その名の通り腰が紅色のペリカン、コシベニペリカンです!
脇の下も紅色なので、羽を広げたときは脇下に注目してみてください!
そんなコシベニペリカンの生態を見ていきましょー

↑餌を求めるコシベニペリカン。確かに脇下が紅色!(掛川花鳥園にて撮影)

生態・形態

・腰周辺や脇下が紅色をしていることから、コシベニペリカンと呼ばれている。また、紅色は繁殖期になるとより濃くなる。
・外観は繁殖期外のモモイロペリカンと似ているが、モモイロペリカンと比べると一回り小さい。
・水辺の近くにて少数の群れで生活している。

↑毛繕い中のコシベニペリカン。同じペリカン科だけあって、モモイロペリカンと全く同じ格好での毛繕いです…それにしても、脇下の色が美しい!(掛川花鳥園にて撮影)

食性

・群れで魚を捕食する。捕食の際は、喉袋を網のように使って魚を捕まえる。

繁殖

・巣は樹上や地上に集団で作られ、一度に2,3個の卵を産卵する。
・卵は両親によって抱卵され、約1ヶ月で孵化する。

↑正面から見たコシベニペリカン、なかなか可愛らしい!(掛川花鳥園にて撮影)

その他

・生息地:東アフリカ
絶滅の度合い:情報収集中

参考

・コシベニペリカン. 札幌市円山動物園. https://www.city.sapporo.jp/zoo/b_f/b_15/db312.html, (2020/10/4)
・コシベニペリカン. 平川動物公園. https://hirakawazoo.jp/zukan/bunrui/birds/330, (2020/10/4)

↑決め顔のコシベニペリカン。凛々しい!(掛川花鳥園にて撮影)

ブログランキングに参加しております、下のボタンを押して頂けると励みになります!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です