鳥綱

クビワコガモ

今回注目するのは、最小のカモ!クビワコガモです!
おとなでもその体長は約30cm!よく知られるマガモ(約60cm)と比べると半分しかないんですね~
そんなクビワコガモの生態を見ていきましょー

↑餌を求めて寄ってきたクビワコガモ(雄)。胸の黒い斑点模様がおしゃれです!(神戸どうぶつ王国にて撮影)

生態・形態

・カモ科の中で最小のカモで、おとなでも体長約30cm、体重約300gほどである。
・雄の頸元に黒色の頸輪の様な模様があり、これが名前の由来になっている。
・熱帯雨林に生息しており、爪先が尖っていることで木の枝にとまることもできる。

食性

・主に水草や種子、昆虫などを食べる。

繁殖

情報収集中

↑餌を求めて寄ってきたクビワコガモの子ども。まさに手乗りサイズで超かわいかったです!(神戸どうぶつ王国にて撮影)

その他

・生息地:南米
絶滅の度合い:低懸念

参考

・クビワコガモ. 掛川花鳥園公式ブログ. http://kamoltd.blog110.fc2.com/blog-entry-541.html, (2020/8/12)
・クビワコガモ. 神戸どうぶつ王国. https://www.kobe-oukoku.com/friend/detail/261/, (2020/8/12)

ブログランキングに参加しております、下のボタンを押して頂けると励みになります!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です