鳥綱

サメイロイヌワシ

今回注目するのは、サバンナや半砂漠などに生息するタカの仲間、サメイロイヌワシです!
鮫色という名前ですが、実際は茶色系の色で、なぜ鮫色と名付けられたのか謎です…
そんなサメイロイヌワシの生態を見ていきましょー

↑こちらを見つめるサメイロイヌワシ。どうみても鮫色には見えない…(掛川花鳥園にて撮影)

生態・形態

・サバンナや荒れ地、半砂漠などで生活している。

食性

・哺乳類や爬虫類、両生類、魚類、鳥類、昆虫類などを捕食する。
・死肉を漁ることもある。

↑翼を広げたサメイロイヌワシ。羽を拡げると迫力が出ますね~(掛川花鳥園にて撮影)

繁殖

・情報収集中

その他

・寿命:情報収集中
英名:Tawany Eagle
・生息地:アフリカ、アジア諸国
絶滅の度合い:情報収集中

参考

・サメイロイヌワシ(鮫色犬鷲). HPHP. http://interesting.world.coocan.jp/hphp/b/kbpc/i/i-0493.htm, (2020/10/29)

ブログランキングに参加しております、下のボタンを押して頂けると励みになります!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です