鳥綱

チャミミチュウハシ

今回注目するのは、その名の通り耳周りが茶色で中くらいの嘴を持つ鳥、チャミミチュウハシです!
鳥の名前って「見たまんまやん」と思うことが多いような気が…
そんなチャミミチュウハシの生態を見ていきましょー

↑樹上に佇むチャミミチュウハシ。確かに見たまんまの名前です!でもお腹の羽色もなかなかチャーミング!(掛川花鳥園にて撮影)

生態・形態

・茶色の耳周りと、中くらいの嘴が特徴の鳥。名前の由来にもなっている。チュウハシは中嘴だったのか…

食性

・果物や昆虫、花の蜜、木の実などを食べる。

↑餌を嘴でつかんだチャミミチュウハシ。この後どう食べるかというと…(掛川花鳥園にて撮影)
↑写真のように、ひょいと放り投げて口内に取り込みます!掛川花鳥園では写真のように直に餌やりできるのでお勧めですよ!(掛川花鳥園にて撮影)

繁殖

・情報収集中

その他

・生息地:中南米
絶滅の度合い

参考

なし

ブログランキングに参加しております、下のボタンを押して頂けると励みになります!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です